9月は柏崎清花選手(競泳)と千葉デフフットボールクラブ(デフサッカー)をご紹介します。

柏崎清花選手(競泳)

競泳の個人メドレーは
●バタフライ
●背泳ぎ
●平泳ぎ
●自由形の
4つの泳法でタイムを競います。

どれか一つでもタイムが遅ければ
記録を伸ばすことができない
すべての泳法の力量が
総合的に問われる種目です。

競泳のこの種目で
オリンピックを目指す選手が千葉にいます。

柏崎清花選手。
我孫子市に住む、大学2年生です。

今年4月におこなわれた
日本選手権400m個人メドレーに出場。

それまでの自己ベストを
6秒近くも更新するタイムを叩き出し
銅メダルを獲得。

一躍、東京オリンピックの代表候補に
名乗りを上げました。

たった2年の間に
驚異的なタイムの短縮を果たした彼女に
一体何が起きたのでしょうか?


柏崎選手の今に迫りました。

 

千葉デフフットボールクラブ(デフサッカー)

デフサッカー。
耳に障害がある人たちによるサッカーです。

ボールの音
味方の声
耳からの情報が一切ない世界で
選手たちはボールをつなぎ
ゴールを目指します。

千葉デフフットボールクラブは
県内唯一のデフサッカーチームです。

全盛期は2007年。
全国ろうあ者体育大会で準優勝を果たしました。

しかし、全国の頂点が見えかけた
その翌年、活動を休止。

その理由は…
部員不足でした。

 

昨年、長い活動休止期間を経て
10年ぶりに復活を遂げた
千葉デフフットボールクラブの
挑戦に迫ります。