千葉県のトップアスリートに密着するスポーツドキュメンタリー

ただいま放送中201808

  • HOME »
  • ただいま放送中201808

 

8月は中村妃智選手(自転車競技)と千葉県の強化指定選手 指定証授与式の模様をお届けします。

中村妃智選手(自転車競技)

静岡県伊豆市にある伊豆ベロドロームは
国内唯一の木製走路をもつ屋内競技場です。

2020年、
東京オリンピック・パラリンピックの
トラックレースもここでおこなわれることになっています。

自転車競技のトラックは
最大傾斜角度が45度もあって
かなり急斜面です。

そこでおこなわれるレースでは
人がこぐ自転車であっても
最高時速は、50キロを超えるスピードです。

取材に伺ったこの日はちょうど
国際レースである「ジャパントラックカップ」が
開催されていました。

世界の強豪が集結し
熱い戦いの真っ最中でした。

残念ながら、中村選手の出番は前日。
この日はレースのサポート役に回っていましたが
そこでじっくりとお話しを聞きました。

中村選手は、浦安市出身の25歳です。

千葉経済大学附属高校で自転車競技と出会った彼女は
日本体育大学を経たのち
現在は、千葉競輪を運営する日本写真判定株式会社に所属して
自転車競技を続けています。

中村選手は、今年の2月マレーシアで開かれた
『2018 トラックアジア自転車競技選手権」で

団体出場のパシュート
2人ペア出場のマディソン

の2種目で見事、金メダルを獲得しました。

東京オリンピックでは
中村選手が得意とする
チーム種目の一つ
マディソンも新たに競技種目として採用されています。

今回のナビゲーターは
千葉真子さんです。

幼少期から小、中学まで
競泳やバスケットボールなど、スポーツをしてきたなかで
磨き上げられた持続力に加えて
速く走るスプリント能力を上げたいと話す中村選手。

そんな彼女の
東京オリンピックへの意気込みをお聞きします。



千葉県強化指定選手 指定証授与式

2018年7月11日。

2020年に向けて
千葉県がおこなう平成30年度
「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」
強化指定証授与式が千葉市内の
ホテルポートプラザちばで開かれました。

今回、指定を受けたのは
オリンピック27競技 117人
パラリンピック15競技 52人
の選手たちです。

いずれも千葉県内出身、または
千葉を拠点に活動している選手のみなさんです。

授与式では
参加選手を代表して
柔道のベイカー茉秋選手と
パラバトミントンの杉野明子選手に
千葉県知事の森田健作知事から
認定証が手渡されました。

その後
新体操の柴山瑠莉子選手と
卓球の木川田優大選手が
力強い宣誓をおこないました。

番組では、これまでに「ちば情熱アスリート」で
ご紹介したアスリートのみなさんに
前回取材後の状況など
お話しをうかがってきました。

どうぞお楽しみに!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 千葉県ケーブルテレビ協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.